診療科案内

義歯(入れ歯)

入れ歯はお口の中で動くのが当たり前だとあきらめていませんか?

入れ歯は、歯を失い赤い歯ぐき(粘膜)だけになったところに人工の歯を入れる方法の事です。調子が悪くても、やわらかい粘膜の上に乗っかっているものだからでふわふわして動くものだとあきらめていらっしゃる方が大勢いらっしゃいます。
でも、本当は上手に入れ歯を作ればお口の中にぴったりおさまるのでほとんど動きません。
(動かない入れ歯は、お口で動くたびに赤い歯ぐきが擦れる事が無いので傷を作らず痛みません。)
ただし、きちんと作るというのが、実はコツがいるのです。
ここでいうコツというのは知識と経験のことです。知識と経験がないと今までの入れ歯が、うまくいかない原因をみつけて取り除くことができません。

具体的には
  • しっかり入れ歯作りに必要なお口の情報をとる技術(型取り)
  • 顔貌を含めて、歯を失う前の位置関係を入れ歯を使って再現する技術(診査・診断)
  • 歯科材料(金属やプラスチック等)の性質を上手に生かした入れ歯の設計
  • かんだ時に入れ歯にどのような力がかかるかという力の分析とその対応
  • 入れ歯装着後、歯茎にぴったり合わせてよく噛めるにする調整の技術
などです。

当院では、入れ歯作りで日本一といわれる東京医科歯科大学の義歯講座に長年在籍して培った技術を提供していますので、これまで入れ歯が合わなくて苦労された方にも満足してお使いいただける入れ歯をお作りしております。
また、長年合わない入れ歯を入れていたために入れ歯を支える土台となる骨を失ってしまい、通常の入れ歯では十分な安定が得られない方のためのよく噛める特殊義歯にも対応しています。