診療科案内

インプラント Q&A

インプラントのような人工物を入れても副作用はないのですか?
当院のインプラントは純チタン製です。純チタンは現時点では最も生体内で安定する材料の一つであるため、整形外科分野でもチタン製の人工関節や固定用プレートを体内に埋入しています。当院は数あるインプラントメーカーの中から厳選し、アストラ社製インプラントを使用しています。欧州最大製薬メーカーであるアストラ社製のインプラントは、日本国内での使用認可はもちろん欧米の厳しい臨床基準をクリアしたヨーロッパを代表するインプラントです。アストラ社製のインプラントは安全に関して飛び抜けた臨床研究を行っており、国内ならびに世界的シェアはトップレベルですので日本国内はもちろん世界中どこに行っても継続的サポートを受けられます。
インプラントは体の中に直接埋めて長期に使うものですから、安全を最大限に配慮した厳選されたインプラントを埋入することが非常に大切です。

インプラントはどのような方でもできますか?
成長期の方や全身疾患のある方は、検査やご相談の結果でご希望に添えないことがあります。また、埋入する部位の骨が十分でない場合お勧めできないことがあります。その場合はインプラント以外の方法で最良の結果が得られるようご提案いたします。当院では全てのインプラントを希望される患者様の安全と健康を最優先に、きちんと必要な相談や検査を行って最大の安心と安全を提供できるよう配慮いたしております。

インプラントの手術に痛みはありますか?
口の中だけの局所麻酔をするため、手術中の痛みはありません。手術が不安な方には鎮静法も行っておりますので不安なく治療を受けていただけます。 麻酔が切れたあとは多少痛みが出る事もありますが、痛み止めを1~2回飲んでいただく事で解決する位の痛みです。

インプラントはどれ位もちますか?
インプラントは丈夫にできており、毎日のお手入れとインプラント専門歯科衛生士による定期的なメンテナンスを行う事で長期間ご使用いただけます。長持ちさせるためには定期的なメンテナンスは不可欠ですが、毎日のお手入れは天然の歯とほとんど変わりません。

(社)日本口腔インプラント学会認定インプラント専門歯科衛生士とは?
(社)日本口腔インプラント学会はインプラント治療に関する日本で最大の学術団体で、会員に対し数々の研修や認定を行っています。インプラントの専門的な知識と技術を持った歯科衛生士には一定の研修と試験を経てインプラント専門歯科衛生士を認定しています。

厚生労働省認可(社)日本歯科先端技術研究所認定インプラントフェロー(インプラント専門医)とは?
(社)日本歯科先端技術研究所は厚生労働省で唯一認可されたインプラント研究機関で研修施設です。これまでも社)日本口腔インプラント学会の中心メンバーを数多く輩出し、日本のインプラント治療のメッカです。インプラントの専門的な知識と技術を持った歯科医師には一定の研修と試験を経てインプラントフェローを認定しています。